温泉についての紹介!

温泉の種類

温泉はその含有成分によって分類されています。またその分類も掲示用泉質名、旧泉質名、新泉質名など3種類存在します。各泉質に記載の効能はあくまで目安で、効果をすべての人にに保証するものではないことに注意する必要がありあす。

 

*単純温泉

鉱物分・ガス分の含有量が少ない温泉のことを言います(温泉1kg中に1g未満)。刺激が少なく肌にやさしい温泉です。無色透明で、無味無臭。神経痛、筋肉・関節痛、うちみ、くじき、冷え性、疲労回復、健康増進などの一般的適応症に効果があるとされていますが、それは泉質による効能ではなく、おおむね温浴によって血行が促進されることによる効果です。

単純温泉は成分の少ない単なる湯、質の低い温泉だと誤解されやすいです。単純温泉とは、成分の含有量だけを評価したものであり成分の種類について規定したものではありません。よって単純温泉とひとくくりにしても個々の泉質は多岐にわたるため単純な比較・分類はできません。成分の組成比によって、下記の各種温泉の性質を帯びることもあるし、様々な成分を少量ずつ含んだバランスの良い泉質となっているものもあります。

 

 

*硫黄泉

多量の硫黄または硫化水素を含む温泉です。白濁して卵の腐ったような臭いがあります。
硫化水素型の場合、換気が悪いと中毒を起こす場合があります。概して高温で、ニキビ、オイリー肌、皮膚病、リウマチ、喘息、婦人病などの症状に効果があります。硫黄イオンはインスリンの生成を促す働きがあるので、糖尿病の症状にも有効です。硫化水素は有毒物質で粘膜・皮膚・呼吸器を強く刺激します。
病中病後で体力が落ちている人や乾燥肌の人には特に注意が必要であり、リウマチや喘息の患者が安易に入浴することは時として不適切となることがあります。当該患者が硫黄泉の入浴を希望する場合は、事前に医師の指導を仰ぐことが望ましいです。

硫化水素は金属を侵すため、金と白金以外の金属製のアクセサリーを身につけて入浴してはいけません。特に銀は著しく反応して輝きを失い黒くなります。

 

*塩化物泉

塩類、特に食塩を多く含む温泉です。そのため食塩泉とも呼ばれることがあります。温泉水1kg中の溶存成分が1,000mgを超え、そのうち陰イオンの主成分が塩素イオンのものをいいます。主な効用としては、外傷、慢性皮膚病、打ち身、ねんざ、慢性リウマチ、不妊症、痛風、血管硬化症などがあげられます。飲用は慢性消化器病に効くといわれています。
飲泉は、医師の指導を受け、飲用の許可がおりている場所で、注意事項を守って行いましょう。
ナトリウムイオンは、脳のホルモンを刺激し、女性ホルモンのエストロゲンを上昇させる働きがあるので、女性の更年期障害にも有効です。

 

*含鉄泉

炭酸鉄・硫酸鉄を含む温泉。水中の鉄分が空気に触れる事によって酸化するため、茶褐色を呈します。殺菌消毒作用があります。この泉質の温泉は保湿効果が高いので、体がよく温まり、貧血に効きます。

 

*含銅・鉄泉

銅及び鉄を含む温泉です。水中の金属分が空気に触れる事によって酸化するため、湯の色は黄色くなります。含鉄泉同様、炭酸水素塩系のものと硫酸塩系のものがあります。血症、高血圧症などに効き目があります。

 

*含アルミニウム泉

アルミニウムを主成分とする温泉です。旧泉質名は、緑礬泉、明礬泉などです。殺菌消毒作用がありあます。肌のハリを回復させる効果があり、また慢性皮膚病、水虫、じんましんなどにも効き目があります。明礬泉はとくに眼病に効果があるとされています。

 

*酸性泉

多量の遊離した硫酸・塩酸などを含み、酸性反応を示す温泉です(pH3以下)。殺菌効果が高く、刺激が強いです。
また、古い肌を剥がし新しい肌に刺激を与えて自然治癒力を高める効果もあります。
水虫や湿疹など、慢性皮膚病に効きます。肌の弱い人は入浴を控えるか、入浴後に真水で体をしっかり洗い流すなどの配慮が必要になります。

 

*炭酸水素塩泉

アルカリ性の温泉です。重曹泉、重炭酸土類泉に分類されています。重曹泉の温泉への入浴は、肌をなめらかにする美肌効果があります。疲労回復、病後の体力補強、外傷、皮膚病にも効果がります。飲泉すると慢性胃炎に効くといわれています。
重炭酸土類泉の温泉は炎症を抑える効果があるので、入浴は、外傷、皮膚病、アトピー性皮膚炎、アレルギー疾患などによくききます。
飲泉は、痛風、尿酸結石、糖尿病にいいとされています。
万人向けの泉質ですが、アルカリ性の強さによっては入浴後に皮膚の弱い部位に軽微な炎症が起きることがあります。それは一過性のものであるが、皮膚の弱い人は温泉から出る際に真水で身体を洗い流しておきましょう。

 

*二酸化炭素泉

無色透明で二酸化炭素が溶け込んだ温泉です。旧泉質名は単純炭酸泉といいます。二酸化炭素が呼吸器と循環器を刺激し、毛細血管を拡張して血行をよくする効果があります。
入浴による効果は、心臓病や高血圧の改善です。飲泉は便秘や食欲不振にいいとされています。ただし、この効果は血液中の酸素分圧を下げることによって得られているため、循環器および呼吸器の疾病を持つ患者がむやみに入浴すると、過度な刺激となり症状を悪化させるおそれがあります。
このような患者が二酸化炭素泉への入浴を希望する場合は、あらかじめ医師に相談するのが好ましいです。また、入浴可能の指導を受けたとしても、長時間の入浴は避けておくのが無難です。

 

*放射能泉

微量のラジウム、ラドンおよびアスタチンから水銀までの原子核崩壊によって生じる放射性同位体が含まれています(ウラン系列の記事に詳しい)。
特にラジウムの含有量の多いものはラジウム泉とも呼ばれていて、これらが放つ放射線は人体に悪影響を及ぼす可能性は小さく、ホルミシス効果で免疫細胞を活性化させるので、むしろ体に良いのではないかと考えられています。
皮膚病、婦人病を始め様々な病気や外傷に効果があるといわれていて、特に良いとされるのは痛風、血圧降下、循環器障害です。癌の発育を妨げることがあるのではないかとも言われています。
ただいずれの適応症も今のところ確たるエビデンスが得られておらず、今後の研究が待たれるところであります。ラドン温泉の治療効果を解明すべく、三朝温泉には岡山大学医学部附属病院三朝医療センターが設置されており、本格的な療養を行っています。

 

*硫酸塩泉

硫酸塩が含まれています。苦味のある味で、芒硝泉、石膏泉、正苦味泉に分かれています。血行をよくする働きがあります。
入浴効果は外傷や痛風、肩こり、腰痛、神経痛などによくききます。飲泉は便秘やじんましんにききます。硫酸塩は、強張った患部(硬くなった肌)を柔らかくして動きやすくする働きを持っているため痛風や神経痛の症状に効果が高いです。
硫酸塩の中でも、硫酸カルシウムを多く含む泉質の場合、とろりとした滑らかな触感を伴います。硫酸カルシウムは石膏の成分であるためです。まれに誤解されるのが、硫酸が含まれていて危険ということです。
硫酸は危険な物質ですが、硫酸ナトリウム・硫酸マグネシウムなどは無害な物質です。また、硫化水素泉のような悪臭も放血ません。硫酸塩泉は温泉入浴を禁じられている人以外にはこれといった弊害のない無難な泉質でです。
家庭用入浴剤の多くが、硫酸塩泉と似た組成で出来ています。

注目サイト

新宿で人気の納骨堂を比較ランキング形式で徹底比較

2017/11/10 更新

コピーライト